星霧の館

創作小説の他、特撮やFFSの記事を作成し無事に世界は崩壊した…

エバラス の記事一覧

スポンサーサイト

--.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「ミストルティン編 第三話 葬室からの励と責~イット・カムズ・レイド」 まとめ

2014.01.26 (Sun)
エバー・ラスティング・アロー:ミストルティン編 第三話 「葬室からの励と責~イット・カムズ・レイド」

・前回のあらすじ:
■■■との接触で破滅の預言を手に入れた浅空勇矢は行動を開始する。

・第三話あらすじ:
「アクトボット部」それはロボット競技「アクトボット」での優勝を狙う中学一年生13人の部である。
翌日に部内練習試合を控える、部長・観崎智明。
入学式の翌日の朝もロボットの調整を終えて、教室に向かうところだった。

その彼の前に、少年が隕石めいて墜ちてくる。
浅空勇矢――部の最大戦力にして、智明にとってはある種の恩人でもある。
彼は部活の合間に世界の破滅を救う羽目になっていた…?

そして翌日の試合の同時刻。彼等の町で魔術師の集団が暗躍していた…。
→→→→→→→→→→→→→→→→→→→→→→→→→→→→→→→→→→
各パートまとめ:(togetter版

#1 「プリーズ、セイ・オールライト(Please, say alright)」(リファイン版)//togetter版
#2 「装甲機、GO!RUN!」//togetter版
#3 薔薇の置手//togetter版
#4 //togetter版
#5 //togetter版
#6 //togetter版
#7 //togetter版

第二話(未投稿)← →第四話(未投稿)
スポンサーサイト

ミストルティン編3話 「葬室からの励と責~イット・カムズ・レイド」 #3 薔薇の置手

2014.01.25 (Sat)
前回:#2「装甲機、GO!RUN!」 /(#3togetter版第三話まとめ
→→→→→→→→→→→→→→→→→→→→→→→→→→→→→→→→→→→→→→→→
・前回のあらすじ:
2013年4月。
星咲学園中等部に新設されたアクトボット部。
ロボット競技大会『アクトボット』での優勝を狙う、新入生13人から成る部である。
アクトボットとは企業や大学チームが上位陣を締める、国内最高峰にして世界でも屈指の大会である。
本来なら中学生など1次予選落ちになるところだが、彼等は違う。

全国大会経験者、或いはそれと互角レベルの者が揃っている。
それも各々3名以下のチームと数台のロボで出した戦績である。
大抵のチームが20名近い人員と10台前後のロボを使うことを考えればまさに驚異。

既に以前の大会なら軽く決勝進出出来るチームだが、大会のレベルが上がった今では容易では無い。
彼等の活躍の反動で他チームが焦ったのだ。それ以上に不動のチャンピオンが手強い。

綿密に戦略を練らねば勝てない。
そこで、部内対抗試合を行い現状の実力を測ることとなった。
全国から集められた部員は元々4つの地域の4チームである。彼等を戦わせてデータを取る。

第一回目の試合は、浅空勇矢vs観崎智明・源瀬隆光。
勇矢は09年度の大会で1人で上位入賞した異常者。
智明は部長にして…勇矢に触発されてこの部を作った発起人でもある。

入学式の翌日、放課後。
アクトボット部誕生の切っ掛けとなった二人の対決。

途中、勇矢が世界の破滅の預言を手に入れもしたが、後回しだ。
今は目の前のこの試合に集中する。破滅を乗り越えたその先にあるもっと大事な戦い…その為に。
彼にとっては、そして智明にとっても、この部の存在はそれ程に重い。

勇矢のピエロ型ロボット『ジョーカー』。
智明の人型勇者甲虫機『ブレイビート』。
対峙する両者が再び……動いた!

→→→→→→→→→→→→→→→→→→→→→→→→→→→→→→→→→→→→→→
ミストルティン編3話 「葬室からの励と責~イット・カムズ・レイド」 #3 薔薇の置手
→→→→→→→→→→→→→→→→→→→→→→→→→→→→→→→→→→→→→
続きを読む »

ミストルティン編 3話 「葬室からの励と責~イット・カムズ・レイド」 #2 「装甲機、GO!RUN!」

2014.01.20 (Mon)
前回:#1 「プリーズ、セイ・オールライト(Please, say alright)」 // #2 togetter版 / 第三話まとめ

→→→→→→→→→→→→→→→→→→→→→→→→→→→→→→→→→→→→→→→→

4月9日(火)13:05。茨城県笠間市・来栖見鷹山住宅街。浅空家自宅。
午後は部活動も無かったので、勇矢は昼休みになると即座に帰宅した。
結果的にだが同級生の追求から逃げた形になる。実際『愛川由理』の指摘は全て真実な為、『嘘がつけない』勇矢にとっては性質が悪すぎた。
「お帰りなさい、ユウヤ」
妹の結希が昼食を作ってくれていた。小6の彼女も今日から始業だったが、彼女の学校は地元。
一時間前には帰っていた。
家族4人で昼食を取り、半頃に再度出かけた。『明日』の準備のためだ。

→→→→→→→→→→→→→→→→→→→→→→→→→→→→→→→→→→→→→→→→
―昨日、勇矢が入手した『M文書』。
10月末に世界が破滅するという予言にして、預言。
世界が破滅する未来を変える為には、勇矢が動かねばならない。
→→→→→→→→→→→→→→→→→→→→→→→→→→→→→→→→→→→→→→→→
ミストルティン編 第三話 「葬室からの励と責~イット・カムズ・レイド」 #2 「装甲機、GO!RUN!」
→→→→→→→→→→→→→→→→→→→→→→→→→→→→→→→→→→→→→→→→
続きを読む »

「ミストルティン編 第三話 葬室からの励と責~イット・カムズ・レイド」 #1 「プリーズ、セイ・オールライト(Please, say alright)」(リファイン版)

2014.01.19 (Sun)
→→→→→→→→→→→→→→→→→→→→→→→→→→→→→→→→→→→→→→→→

「アクトボット部にぃぃぃーーー!栄光あれぇぇーーーーっ!!!」

中学生の少年。、観崎智明と源瀬隆光。
教室へと歩く二人の前に、隕石が落下した。

…いや認めよう。アレは…人だ。というか知人だ。残念ながら。

隆光が気配を察知した時点で、アレ…いや彼は校舎より高い位置にいた。
最低でも30メートルの高さから地表に叩きつけられた。パラシュートも無しに。

「…死んでんじゃない?」
「…いや生き…」
「生きてるよ…」

智明の一応の疑問に、隆光は答えようとした。その途中で隕石が代わりに答えた。
いや人だ。残念ながら。
二人の知人にして、今日からは同級生。智明にとっては恩人にしてライバルの少年である。
…遺憾ながら。

その少年は跳び起き上る。全くの無傷。恐らくは内臓や骨もそうだろう。
右手を握り、左手にパン!と叩きつける。拳を手で包み込む形で手を合わせ45度のお辞儀をしてくる。

「ドーモ、みさ…み…み…部長とその相棒=サン、浅空勇矢です」
「…おはよう浅空君……」
「……おはよう」

呆れながらも智明達は挨拶を返す。

彼の非常識はいつものことらしいが、中学生活初日にして部活動始動の初日からコレとは。
智明は幸先の悪さを感じ、頭を抑える。
→→→→→→→→→→→→→→→→→→→→→→→→→→→→→→→→→→→→→→→→
―――「ミストルティン編 第三話 葬室からの励と責~イット・カムズ・レイド」 #1
「プリーズ、セイ・オールライト(Please, say alright)」
togetter版 / 第三話まとめ
→→→→→→→→→→→→→→→→→→→→→→→→→→→→→→→→→→→→→→→→
続きを読む »

ミストルティン編・外伝 『ロスト・アロー』

2014.01.18 (Sat)
⇔⇔⇔⇔⇔⇔⇔⇔⇔⇔⇔⇔⇔⇔⇔⇔⇔⇔⇔⇔⇔⇔⇔⇔⇔
⇔⇔⇔⇔⇔⇔⇔⇔⇔⇔⇔⇔⇔⇔⇔⇔⇔⇔⇔⇔⇔⇔⇔⇔⇔
⇔⇔⇔⇔⇔⇔⇔⇔⇔⇔⇔⇔⇔⇔⇔⇔⇔⇔⇔⇔⇔⇔⇔⇔⇔
警告:この■■は■■されています。
⇔⇔⇔⇔⇔⇔⇔⇔⇔⇔⇔⇔⇔⇔⇔⇔⇔⇔⇔⇔⇔⇔⇔⇔⇔
⇔⇔⇔⇔⇔⇔⇔⇔⇔⇔⇔⇔⇔⇔⇔⇔⇔⇔⇔⇔⇔⇔⇔⇔⇔
⇔⇔⇔⇔⇔⇔⇔⇔⇔⇔⇔⇔⇔⇔⇔⇔⇔⇔⇔⇔⇔⇔⇔⇔⇔
「おやすみ、■■」
「良い年をな」
「うん。お休み。父さん。母さん」
「おやすみなさい!■■■■!」
「うん。おやすみ▲▲」
「初詣は10時だからね!ちゃんと支度しておいてね!」
「……おやすみ。良い年を」

―それが少年と家族との、最後の会話となった。

西暦●●●●年、1月1日。世界は、一度終わった。
続きを読む »
 | HOME |  Next »
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。