星霧の館

創作小説の他、特撮やFFSの記事を作成し無事に世界は崩壊した…

その他 の記事一覧

スポンサーサイト

--.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

覇界王~ガオガイガー対ベターマン~【考察・疑問点まとめ】

2017.03.05 (Sun)
覇界王~ガオガイガー対ベターマン~の第2部が明日に迫っているので、主にベターマン側のTV版を含めた疑問点や考察をまとめました。

●初登場キャラ:

・ガジュマル:

ボダイジュに似た外見の幼齢のソムニウム。
シャーラには思いやりを見せるがラミアにはライバル意識のようなものを持つ。
トゥルバの実への体制を持つ。各種能力はボダイジュのそれに準じる。
ボダイジュの縁者のようにも思われるが、本編中で説明はない。


・シャーラ:

丈の短いセーラー服にに似た衣装と赤い頭巾を着ている。二股の剣に見えるものは杖。
ソキウスの実で遠くの空間へのゲートを開けるが、体に接したそのゲートは大きく開くほど痛みを伴う。
自分が通ることも可能。(木星決戦)

変身体は持たず合体ベターマンのパーツにはならず内部に収納される。この状態では30m級のゲートを開いたが、通常時と比べて痛みが強いような説明はない。


・ライ:


吟遊詩人風のソムニウム。リミピッドチャンネルに合わせて口を動かす小細工を身に着け、人に混ざって暮らした過去が示唆されている。ラミアと羅漢の戦いの最中、焦りを落ち着かせるべく「あたかも琵琶法師がロックミュージシャンに転身したかのごと」き速弾きを始め、ガジュマル達に迷惑がられている。ラミアをくん付けで呼ぶなどある程度同年代と思われる。
合掌造りの複雑な木造建築を人形形態にしたようなベターマン・アーリマンに変身する。

能力は不明だが、合体状態の尻尾としてはガオガイゴーを掴んで引き寄せるパワーを見せている。

・ユーヤ:

光で全身を覆い、クラゲのようなドレスを着た女性型ソムニウム。護が六年前遭遇している。
古風な口調で話す。
ペクトフォレース・ペルスピクスはソムニウムに宇宙での活動を可能にさせる。
ルーメの実で、光を操る巨大クラゲ型に変身する。

合体状態の光の流体装甲は覇界王ジェネシックのゴルディオンネイルをある程度相殺できる。

・ヒイラギ:

ホッキョクグマらしき毛皮を着た巨漢。容姿に反して幼い口調で、ゼロロボに苦戦するGGGに思いやりを見せる。
ポンドゥスの実でメビウスの輪のようなオブジェ型に変身する。

・羅漢:

六尺棒に辮髪、痩身に中国風民族衣装。ソムニウムの中でも一際孤独を好み、ボリビアのセプルクルムで、絶滅動物に囲まれて研究を行っていた。
ラミア達を「いにしえのソムニウム」と見下す尊大な性格。ラミアとの決闘に敗れて力を貸すことを決める。


アニムスの耐性はラミアと同等で、疑似フォルテや独自開発した青鬼のようなオウグに変身する。


ベターメン 合体ベターマン:

サンクトゥスの力で5人のベターマンを溶かし、ラミアのフォルテを中核に合体、シャーラを生身のまま収納した姿。地の文では一貫して合体ベターマンと呼ばれている。


ルーメがフォルテの腕と胴体、腰を包み込み、
ポンドゥスが両脚、アーリマンが長い尻尾、トゥルバが肩から生える巨大な翼、オウグが頭部を構成する30メートルの巨体。
なお、ラミアは当初ネブラを使う予定だったが、直線で擬似フォルテを受け取っている。

フォルテを中核に羽と尻尾がついた姿はオルトスに似ているのでは?というファンの意見もある。



●覇界王初出用語の意味(ラテン語):


続きを読む »
スポンサーサイト

selector destructed WIXOSS 感想(ふせったー利用)

2016.02.14 (Sun)
ツイッターで呟いた奴のまとめです。
一部、重複してる部分もあります。

ダイジェストと新規分を混ぜ合わせた感じでしたが、
結論から言うと完全続編にしておけば良かったんじゃないかなぁと。









続きを読む »

仮面ライダー×仮面ライダー オーズ&ダブル feat. スカル MOVIE 大戦 CORE感想

2011.01.21 (Fri)
W側の評価が高い一方、オーズ側の評価が微妙といわれていますが、
脚本だけのせいというわけでもないと思います。

Wに関しては、本編で謎とされていた部分が解明され、
一方のオーズは新たな謎が増える一方だったというのが
この評価の原因かと思います。


Wは割とマシなほうでしたが、平成ライダーは
謎を放置したまま、本編終了というのが多かったのが
今回のスカル編では(おそらく後付も多いでしょうが)そこを解消してくれたというのが
大きいのではないでしょうか。
この辺は電王映画やディケイド辺りの功績といって良いかも知れません。

一方のオーズは本編がまだ進行中ということもありますが、
去年のビギンズナイトと比較しても
謎が増えすぎてモヤモヤするところがありました。

ビギンズナイトでは本編1話冒頭から引っ張ってきた
おやっさんの死の真相が明らかになった一方で
増えた謎といえば最後に出てきた2号ライダー(照井)は
何者なのか、ということくらいでした。

しかしノブナガの野望では
特にTV本編での謎は一つも明らかにならなかった一方、
逆に本編とのリンクが怪しくなったり、
2号ライダーについてもそれとの絡みで謎が増えるなどしています。

要約すると、去年のW映画がこれまでの平成ライダー映画の不満点
~たとえば本編とパラレルだったり(例:ファイズ、ブレイド)、
または本編とリンクするのかどうか事態が微妙
(例:アギト、龍騎)
もしくは新たな謎が増える(例:ディケイド、超電王)、
~というようなものを解消してくれるもの
だったのに対して、
オーズ編はその従来の平成ライダー映画と同じような
不満点を抱えてしまっていたというのが、
不評の原因ではないでしょうか。
しかもスカル編と同時上映であるため、対比によって
それがさらに強調された形になっているかと思われます。


そもそも今挙げた点を不満に感じるかどうか
というのも人それぞれかとは思いますが、
個人的にはアギトの映画のように
本編とにリンクが微妙なものを強引に本編とつなげる解釈を
考えるのが大好きなので、ありっちゃありです。

以下バレあり:


続きを読む »

ウルトラマンゼロ THE MOVIE 超決戦!ベリアル銀河帝国感想

2011.01.21 (Fri)
●去年のうちに見てきたはいいのですが、大分間を開けてしまいました。


・ウルトラマンゼロ THE MOVIE 超決戦!ベリアル銀河帝国感想:

ウルトラマンの映画なのに、ウルトラ以外のヒーローが活躍し過ぎ、
という意見も聞きますが、私としては主役のゼロ以外が空気にならなかった
という点の方を評価したいです。


以下ネタバレあり:


続きを読む »

鬼灯さん家のアネキ2巻

2010.10.19 (Tue)
IMG_1288.jpg

ちょっと時間が経ちましたが購入してきました。

1巻では語られなかった鬼灯家の事情や
ハルと吾郎の出会いなんかが語られてきました。

あの過剰なコミュニケーションにそういう由来があったのかと思うと
見方が変わってきます。

私イチオシの水野さんも少し背景が語られたほか出番が
増えてきて俺得状態。
「家族と不仲」ということでしたが、
虐待とかではなく、むしろ水野さんが病弱ということから来る
過保護ということのようです。

実際、体育の話では無理をして倒れていたりもするので
家族の心配も故のないことではないのですが、
その一方で体力消費の激しそうな焼きトウモロコシやの
バイトを出来ていたりするなど、
無理さえしなければ普通に生活出来そうでは有ります。
その辺を今後の話で家族に示していけるのかどうかが
彼女の問題の解決の鍵でしょう。

その辺以外の話としては、
梅雨場でワカメ増殖したり、
自分より小さいハルをカワイイと思ってたり、
いつの間にかハルと仲良くなっているのもイイです。

上記の家族の話でセリフだけで妹が出てきましたが、
わざわざハルを「小さい」と評するあたり
妹は大きかったりするのでしょうか。

また2巻でも吾郎のラッキースケベの被害にあってる訳ですが
そのときの反応が「変態!」みたいなのでなく
「重い」って。
胸掴まれての第一声が「重い」って
教授!これは一体!?

1巻から早いペースで2巻が出てストックが少ないため、
おそらく次巻は早くても春くらいかと思われます。
 | HOME |  Next »
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。