星霧の館

創作小説の他、特撮やFFSの記事を作成し無事に世界は崩壊した…

スポンサーサイト

--.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

鬼灯さん家のアネキ2巻

2010.10.19 (Tue)
IMG_1288.jpg

ちょっと時間が経ちましたが購入してきました。

1巻では語られなかった鬼灯家の事情や
ハルと吾郎の出会いなんかが語られてきました。

あの過剰なコミュニケーションにそういう由来があったのかと思うと
見方が変わってきます。

私イチオシの水野さんも少し背景が語られたほか出番が
増えてきて俺得状態。
「家族と不仲」ということでしたが、
虐待とかではなく、むしろ水野さんが病弱ということから来る
過保護ということのようです。

実際、体育の話では無理をして倒れていたりもするので
家族の心配も故のないことではないのですが、
その一方で体力消費の激しそうな焼きトウモロコシやの
バイトを出来ていたりするなど、
無理さえしなければ普通に生活出来そうでは有ります。
その辺を今後の話で家族に示していけるのかどうかが
彼女の問題の解決の鍵でしょう。

その辺以外の話としては、
梅雨場でワカメ増殖したり、
自分より小さいハルをカワイイと思ってたり、
いつの間にかハルと仲良くなっているのもイイです。

上記の家族の話でセリフだけで妹が出てきましたが、
わざわざハルを「小さい」と評するあたり
妹は大きかったりするのでしょうか。

また2巻でも吾郎のラッキースケベの被害にあってる訳ですが
そのときの反応が「変態!」みたいなのでなく
「重い」って。
胸掴まれての第一声が「重い」って
教授!これは一体!?

1巻から早いペースで2巻が出てストックが少ないため、
おそらく次巻は早くても春くらいかと思われます。
関連記事
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。