星霧の館

創作小説の他、特撮やFFSの記事を作成し無事に世界は崩壊した…

スポンサーサイト

--.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ファイナルファンタジーSまとめ(編集中)

2013.08.06 (Tue)
現在、togetter
のほうでまとめております、ファイナルファンタジーS(FFS)のまとめ記事です。
リンク先のtogetterでも閲覧できますが、当ブログにも転載します。

エクスニズム概論―ファイナルファンタジーSとは―

bot_FFS 
まとめwiki
ツイログ

FFS(ファイナルファンタジーS)とは?

FF・ドラクエ板@2ちゃんねるにおいて、
◆EreM42GXZo氏によって2004年~2006年に投稿されていた連続ネット小説。(最新話866話)
その名の通りFFシリーズ、特にⅤを中心とした二次創作である。
最大の特徴は以下のような独自の圧縮文体である。









↑ご覧の通りの特徴的な文体である。2年半の連載を通して描写力などは向上するものの、文体自体はこのまま…というか悪化さえする。

ここが変だよFFS
・誤字・誤変換の多発。誤字の無い回など無い。ツイッター版で考えてもほぼ毎ツイートに誤字がある。
・日本語自体が変。誤字を抜きにしても「まさにあらずんばね」「ここでこんなとは!」など間違える前の文がもうおかしい。
 ・エレム氏は外国人もしくは幼児なのではなどという説もあるが、いつものトリップで別板に誤爆した際はまともな日本語でそこそこ難解な内容を書いている。
 ・FFS文体がワザとなのか、執筆モード的ななんかなのかは判然とし難い。
・過去の英雄・原作キャラの不遇。間違いなくFF原作は好きな筈なのだが、ガラフやシドを筆頭に敵になったり、ひどい扱いのことが多い。
 ・エクスデスに至っては種族化し、「エクスデス・上皇」「エクスデス・海の支配者」「エクスデスボーイ」などが登場する始末⇒エクスデス名鑑(ファイナルファンタジーS)


読む人を選ぶのは間違いない。

実際、当時も2ch住人からはまともに見向きもされていなかった。

しかし以下のような魅力により徐々に評価され、まとめサイトなども制作されるに至った:

①2年間、ほぼ毎日1話(通常1レス)投稿する継続力
②突っ込みどころ満載の超展開
③と見せかけての、伏線の活用やFF他のRPGあるあるネタなどの思わず唸らされる展開、文体に反して感じられるウィット
④次々に登場する独創的な世界・・・
古代遺跡世界、近代科学世界、未来世界、子供だけの世界、鳥の世界、復讐の世界、人を喰う顔の監視の世界、塩の世界
・・・これらは極々一部に過ぎず、更にその世界に応じての独自のモンスターや、ボス、イベント、システム、エクスデスなどが登場するのだ

⑤多元世界を周る妙に魅力ある主人公達:

例えば主人公のベリュル。
神やドラゴン、エクスデスをもナントカ倒す主人公らしい高い戦闘能力を持つ。
だが一方で、お化けやゾンビ、幽霊、人形にトラウマを持ち25歳の男のくせにギャアアア!と情けない悲鳴を上げる。ヒロインズにも呆れられる始末。
更にイベントでは一般人に奇襲を許して重傷になったり、病気になったりと複数回も戦線離脱する。拾い食い癖もある。毎度の如く騙される。
だが25歳、そして主人公だ。
美女にも弱く、レアアイテムにも釣られがちである。

こう書くと録でもないが、これら弱点によりただ強いだけの支配者殺戮世界崩壊マシーンではなく、魅力的なキャラになっており、当時のエクス者(読者)達への人気も高い。

・・・これらの魅力により、FFSはいつしか「笑われる」存在から「笑わせる」「楽しませる」存在へと昇華したのである。


先の話を予習したい:
FFSは過去に投下された作品であるので、当然だが既に866話までは世に出ている。

ツイッター版は2015年春頃までかけて、毎日0時から3-40分間、5分ごとに投下の予定であるが、それを待てない方は以下のサイトで予習するのもいいだろう。
作りかけのまま放置されている部分が多いが、全話問題なく読めるので、ログとしては十二分であろう。

ガイドラインログから改変ネタを読むのもいいぞ。
100話位までしかないが、ボス紹介も非常に読みごたえがある。

ファイナルファンタジーSまとめwiki

FFS用語集


どこから読もう?
壮大なFFSだが、その分、一気読みには厳しい。

1-15話の10年前の冒険の他、
108話からの「エクス編」(エクスオール編)
140話からの「アブソ編」
アブソ編171話からの
「魔界マミトゥリブルパ将軍編」
などが現在投稿分まででは区切りが良いと思われる。

途中からでは話の流れが掴みにくいと思われるかも知れないが、最初から読んでも難易度は大差ないのでご安心頂きたい。

実況のまとめが始まったのが最近の為、
107話以前の単独まとめは無いが、
100話位までは前述のまとめサイトのボス紹介と併せて読む
のもオススメしたい。
関連記事
スポンサーサイト

コメント


管理者のみに表示

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。